赤飯やぜんざいだけではない❌実は人気の小豆✨

グルメ, 全て

冬❄になると、お餅を焼いてぜんざいにしたり、お正月などのお祝いで、赤飯として食べるのが小豆です✨日本人には馴染みのある小豆ですが、韓国でも小豆を使った料理が、たくさんあります日本よりも種類が多く、違った調理法で楽しめます今回は、韓国に行ったらぜひ食べて欲しい、おすすめの小豆メニューのご紹介です

小豆好きにオススメ❣韓国流の小豆メニューとは

お肌ツヤツヤ、美容にも良い小豆粥

パッチュクと呼ばれる小豆粥は、お米の粒が見えなくなるまで、しっかりと煮込まれています厄除けの食べ物として、冬至に食べる習慣があります❄冬至には、大きな鍋にたくさん作った小豆粥を、あちこちで食べることができます白玉団子が入った小豆粥も人気ですイソフラボンが多く含まれた小豆粥は、美容に良いと人気のメニューです冬になると、屋台のメニューとしても人気が出ます

小豆を使ったお汁粉のようなタンパッチュッ

小豆粥よりも、甘みがあり、日本のお汁粉のように食べるのが、タンパッチュッです✨韓国では、冬⛄になるとカフェなどでも販売されています✨日本のお汁粉よりも、甘さが控えめ☝中には、栗や餅を入れて食べますお店によっては、シナモンなどのスパイスを入れる店もあり、冬の冷え切った体を温めてくれるスイーツです☀

小豆の麺の絡み具合が絶妙はパッカルグッス

日本では見かけない、韓国独特の食べ方です✨ぜんざいのように小豆を煮たスープに、平たいうどんのような麺を入れます。スープは甘くなく、少し塩味を感じる味付けです全羅道から始まったメニューで、韓国の土用の丑である伏日に食べる習慣があります韓国ではメジャーな麺類で、インスタント麺としても販売されていますインスタント麺は、4分茹でた後に火を消して、付属の粉末スープを入れてすぐに混ぜます。簡単で、小豆粥よりもスープが多めのため、ボリュームのある食事です

小豆を使った鯛焼き!ではなくフナ焼き?

日本では、たい焼きと呼ばれていますが、韓国ではフナ焼きとして販売されています❤冬のおやつとしても人気です⤴日本のたい焼きよりも、生地が薄めです。しかし、その分あんこがぎっしりと詰まっています✨屋台では、おでんのスープと一緒に食べることができますかぼちゃやリンゴ、プルコギなど、あんこ以外の変り種も販売されています❤

他にも赤飯や、アイスクリーム、羊羹やアンパンなどの食べ物が、スーパーで販売されています韓国の小豆メニューは、日本よりも甘くなく、シナモンなどのスパイスを入れたり、塩を入れるなど、味付けが違います⭐韓国旅行の際には、日本のものと違いを楽しむのもおすすめです❣

KANKOOKU(カンコック)では大流行中のK-POPや今話題の韓国ファッション、実践できる韓国語のフレーズ紹介などをはじめ、韓国好きな皆さんが、今以上に韓国のことを知ってもらうために、好きになってもらうために様々な情報を発信中です📣是非また見にきてくださいね😊