ワーキングホリデーや留学中✏韓国で働くには❔ビザが大事☺

エンタメ・ニュース, 全て

ワーキングホリデーや留学✏で海外へ移住する人が多くなってきており、中でも韓国は大人気の場所となっています✌語学を学びたい人や将来に向けて韓国で頑張って生活していく中で「働く」というのも大事な行動の一つになってきます🍀しかし、日本人が海外で働くには必ず”ビザ”が必要となります。そこで、今回は韓国で働くためのちょっとした情報をご紹介します🌼

韓国で働きたい人必見!覚えておきたいビザとその働き方👉

韓国で働くには必ず!!ビザが必要!!

ワーキングホリデーや留学で韓国へ行く大半の人はある程度資金を貯めて行きますが、やはり現地に行ってみて思ったよりお金がかかってしまい仕事をしないといけない😢という人も中にはいます。働くにあたり様々な問題が生じてくることもありますが、まずはじめに、必ず日本で”ビザ”を取らないといけない事は頭に入れておきましょう🌟このビザがないまま海外で働くのは法律により禁じられており、見つかった場合は不法就労として罰せられます👮💣

韓国で働くには?ビザの種類

渡韓する前に日本で取るビザにも様々な種類があります✴

①結婚移民(F-6)…働くにあたり問題なし
②観光就労(H-1)…ワーキングホリデー(日本語教師などは資格外活動許可が必要)
③留学(D-2)…韓国の大学、専門学校、大学院学生(働くには資格外活動許可が必要)
④一般研修(D-4)…大学にある語学堂、一般語学学校の学生(働くには資格外活動許可が必要)

上記より、結婚移民以外のビザ取得者は働くにあたりビザに加え資格外活動許可が必要なことがわかります。また、③の留学ビザは大学以上の高等教育機関に在学中のみ資格外活動許可の申請が可能🌈④の一般研修ビザは6ヶ月間韓国で修学した人のみ資格外活動許可の申請が可能となります🍀

韓国で働くメリット・デメリット

現地で働くには面倒ですが😅ほとんどの人が資格外活動許可を申請し取得しなければなりません。また、韓国では最低賃金も非常に安いため日本のアルバイトのようには稼ぐことができないというデメリットがあります😖ですが、現地で働くことで語学の取得はかなり期待できます😆🎶そして、実際にコミュニケーションをとることで文化も知ることができるなどたくさんのメリットもあります💓4

いかがでしたか😁ちょっと難しいビザの仕組みではありますが😭しっかり把握しておかなければ違法にもなりかねます💔ワーキングホリデーや留学を考えている方は是非参考にして頂き、韓国生活をより楽しく過ごしてみてはいかがでしょうか😘

KANKOOKU(カンコック)では大流行中のK-POPや今話題の韓国ファッション、実践できる韓国語のフレーズ紹介などをはじめ、韓国好きな皆さんが、今以上に韓国のことを知ってもらうために、好きになってもらうために様々な情報を発信中です📣是非また見にきてくださいね😊