【速報】Wanna Oneメンバー🎤「2018 MBN Y FORUM」で語った事とは⁉

2018年3月20日エンタメ・ニュース, 全て

昨日(2月28日)、韓国のソウル中区奨忠体育館で「2018 MBN Y FORUM」が「ニューチャンピョンになれ!」というテーマで開催されました🎶

 

Wanna Oneメンバーが「2018 MBN Y FORUM」で語ったこととは👉

開幕ショーには韓国の元サッカー選手⚽(現サッカー解説者)のチャ・ボムグンをはじめ、俳優のイ・ユリ、人気男性アイドルグループ🎤Wanna Oneメンバー4名(パク・ウジン、ユン・ジソン、ハ・ソンウン、ファン・ミンヒョン)、平昌冬季五輪の金メダリスト🏆であるチェ・ミンジョン、イム・ヒョジュン(ショートトラック選手)、イ・スンフン(スピードスケート選手)が出席しました。

Wanna Oneメンバー”ユン・ジソン”が「2018 MBN Y FORUM」で悩みを抱える20代にアドバイス

この日、ユン・ジソンは
「20代頭、半ばの人ならだれでも共感できると思う。僕は遅れてデビューをして待つことがとても辛い時期があった。僕自身は大丈夫だと思ったけれど、休みの日などに実家に帰ると『いつテレビに出るの?』と聞かれるので、こんなに僕を心配してくれる人がいるということで僕はもっと辛くなった。」と自身の経験をもとに、辛かった過去の思いを語りました😭💕

そして、
「僕は何かをするとき、決して遅い年なんてないと思う。僕は僕自身を愛したし、努力してみせたかった。僕と同じ夢を見ている人たちに話した。僕の周りにも、就職活動をしているけれどなかなか上手くいかない友人もいる。そんな人たちの希望になってあげたい。幸せの基準を他人に置いてしまうと、果てしなく不幸になる。もちろん、その基準を自分自身にするのは難しいことだとわかっているが、それでも自分自身が歩んでいる道を応援してやってほしい。」という強い思いを、今悩みを抱える20代へアドバイスしました📣🎈

Wanna Oneメンバー”パク・ウジン”が「2018 MBN Y FORUM」でプロデュース101の降板を悩んだ理由を告白

パク・ウジンは「人生で一番ピンチだった瞬間はいつですか?」という質問で、Mnet「プロデュース101」シーズン2からの降板を悩んだ瞬間のことを思い出しました😚

それはつい最近のことで、サバイバル番組🔫に出演する時に帯状疱疹になり病気を患っていた時の事です😣パク・ウジンは「あれほどの痛みは初めてだったのでとても大変だった。耐えることができない程で、僕自身も見るのが辛いほど傷も多かった。当時、番組の中盤だったので沢山悩み、辞めたほうがいいのではとも思った。」と当時の気持ちを語りました😣しかし、そんな辛いときに時ファンのコメントを見て多くの人たちが自分を待ってくれていることに気づき、やめることができなかったといいます。「この人たちのために諦めてはいけない!」と思って努力をし続けたパク・ウジン、周りの心の支えにより努力することができたことを伝えました🌈

 

 

KANKOOKU(カンコック)では大流行中のK-POPや今話題の韓国ファッション、実践できる韓国語のフレーズ紹介などをはじめ、韓国好きな皆さんが、今以上に韓国のことを知ってもらうために、好きになってもらうために様々な情報を発信中です📣是非また見にきてくださいね😊