「脳セク時代」でブレイクした俳優🎩キム・ジソクが10年ぶりにドラマ🎬に主演❗

2018年3月22日エンタメ・ニュース, 全て

キム・ジソク🎩は、2011年に放送されたドラマ🎬「チュノ~推奴~」で主人公の弟分 ワンソンを演じ、俳優として広く顔が知られるようになりました☺キム・ジソクは、2015年から韓国で放送されているバラエティ番組📺「脳セク時代」への出演で人気が沸騰し、10年ぶりにドラマに主演しました👏💕

 

キム・ジソク10年ぶりのドラマ出演!👉

 

キム・ジソクのブレイク作「脳セク時代」には防弾少年団のRMも出演

tvNのバラエティ番組「脳セク時代」は2015年からスタートし、初期メンバーには防弾少年団のRMもいました⭐防弾少年団のワールドツアーのため、RMの代わりにBlock Bのパクキョンが収録に参加、そのままレギュラーになりました。🎉
「脳セク時代」は6人の男がクオリティの高い問題を巡ってトークを繰り広げる番組で、キム・ジソクも、番組スタート時からレギュラー出演しています🌼

これ見たいなー #rapmonster #bts #防弾少年団 #脳セク時代

Kaoru Yamamotoさん(@kaotansona)がシェアした投稿 –

キム・ジソクは高学歴

キム・ジソクは、大学院🏫まで進んでいます。名門私立高校出身で、大学ではドイツ語を学び、更に大学院まで進学しました✨キム・ジソクは、韓国外国語大学ドイツ語教育科、慶熙(キョンヒ) 大学言論情報大学院文化コンテンツ学科を修了しています🎓

キム・ジソクの実家は裕福

キム・ジソクは、2016年にTV番組📺「名簿公開」で発表された「ダイヤモンド・スジョ」ランキングで2位にランクインしています🎊「ダイヤモンド・スジョ」とは、「ダイヤモンドの箸とスプーンを持って生まれた」という意味で、キム・ジソクは、豪華な家柄の出身であるそうです💞

多くのドラマで重要な役を演じたキム・ジソク

キム・ジソクは、多くのドラマで重要な役柄を演じています🍀
2012年に放送された「ロマンスが必要2」ではヒロインの恋人役を、「清潭洞(チョンダムドン)アリス」ではデザイナー役を、2016年に放送された「また?!オ・ヘヨン」では、主人公の親友で主人公の姉と結婚する弁護士役を、2017年に放送された「逆賊-民の英雄ホン・ギルドン- 」では、主人公と敵対する暴君・燕山君役を演じました😆

2017年、キム・ジソクが10年ぶりにドラマ主演

2001年にデビューしたキム・ジソクは、ドラマ「チュノ~推奴~」でワンソンを演じる前に、2本のドラマ🎬に主演しました。2006年に放送された「愛したい」と2007年に放送された「憎くても可愛くても」です。

そして2017年、「20世紀少年少女」で10年ぶりにドラマに主演しました🎊

キム・ジソクの役作り

バイク🚲、特にハーレーが好きなキム・ジソクは、役者になった理由を「兄に勉強で勝てなかったから」だと明かしました✨
キム・ジソクは、演じる時台本📖に書いていない、生い立ちや家族👪、性格までキャラクターを作り上げて、役に没頭するそうです😲そして、今までの既成のキャラとは違うものを作ろうと努力するということです💗

バラエティ番組📺で素の自分を見せながら、役者としても絶好調のキム・ジソクの演じる役柄に、興味津々です🌈

 

KANKOOKU(カンコック)ではKPOP韓国ファッションなどをはじめ、韓国好きな皆さんが、今以上に韓国のことを知ってもらうために、好きになってもらうために様々な情報を発信中です📣是非またチェックしてみてくださいね😊