<KPOPニュース>2017年に活躍した✨YGエンターテイメント🎧のアーティスト🎤🎶

2018年3月21日エンタメ・ニュース, 全て

YGエンターテインメント🎧は、BIGBANG👑を筆頭に、多数のアーティストが所属しています。2017年に、YGのどのアーティストが地上波音楽番組🎼で1位✨を獲得したのか、調べてみました🔍

 

2017年に活躍した✨YGエンターテイメントのアーティストたちを一挙公開👉

 

YG代表は元「ソテジワアイドゥル」

YG代表ヤン・ヒョンソクは、1992年に「ソテジワアイドゥル」のメンバーとしてデビューしました🌟メンバーは3名で、ソ・テジのボーカルと、ヤン・ヒョンソクのダンス💃には、とても惹きつけられました💗ヤン・ヒョンソクは、プロデューサーに転身した後、YGエンターテインメントを設立しました🔨🎊

YGの中でも絶大的な人気!!BIGBANG&G-DRAGON

BIGBANGの「FXXK IT」が4週、G-DRAGONの「Untitled」が5週、地上波音楽番組🎼で1位✨を獲得しています☺
BIGBANGは、2017年に入隊したT.O.Pに続き、2018年には全員入隊する予定です📝

2017年注目を集めたYG自慢のガールズユニット★BLACKPINK

2016年に惜しまれつつ解散した💔2NE1(MINZYは移籍、DARA、CLはYGでソロ活動)と入れ替わるように、2016年にデビュー🌟したガールズグループ・BLACKPINKの「AS IF IT’S YOUR LAST」が、「人気歌謡」で3週連続1位を獲得しました😘🎉

新たなスタートをきったYGの期待の星★WINNER

「REALLY REALLY」が、「音楽中心」で1位、「人気歌謡」では2週連続1位を獲得しました👑
2016年にテヒョンが脱退し、4人組としてリリースした「REALLY REALLY」は、メンバーたちが作詞、作曲に参加した自作曲であり、YGは、アーティスト自身の楽曲作り🎵やプロデュースをするスタイルのアーティストが多い事務所です🍀

YGと契約し再活動し話題となったSechs Kies

2016年には往年のアイドルSechs Kies(ジェクスキス)が復活しました🌱‼
1997年にDSPメディア(KARAの事務所)からデビュー🌟したSechs Kiesは、2000年の解散から16年ぶりに、YGと契約して活動を再開しました🌈
オリジナルメンバー6名でコンサートを開き、自身の事業を展開するコ・ジヨン以外の5名がYGで活動しています😊
コ・ジヨンも、スケジュールが合えば活動に参加する可能性を残しています。
ヤン・ヒョンソク代表の妻は、Sechs Kiesのメインダンサー・イ・ジェジュンの妹である縁から、所属が実現したのかもしれません☺
ヤン・ヒョンソクの妻・イ・ウンジュさんも、過去にYG所属のグループのメンバーとして、活動していました😆
Sechs Kiesが2017年に5名でリリースした「BE WELL」がミュージックバンクで1位、「音楽中心」で2週連続1位に輝きました。✨

世界中にブームを巻き起こしたYGの神!PSY

PSYも健在です✊✨2017年には「I LUV IT」が「人気歌謡」で1位を獲得しました🌟この曲のMVには、ピコ太郎も出演しています。

EPIK HIGHはIUをフィーチャー!

3年ぶりにカムバックした、EPIK HIGH  feat. IUの「LOVE STORY」が「ミュージックバンク」で1位を獲得しました。🌟

Zion.T(YG傘下のレーベル)

2016年にYGエンターテインメント傘下のレーベルに移籍した、Zion.Tの「SNOW feat.イ・ムンセ」が「人気歌謡」で1位を獲得しました✨

脱退💣や解散💔など、悲しい出来事もありますが😢YGは新旧多彩なアーティストを取り揃え、アーティストの自主性を重んじ、2018年も多くのYG所属のアーティストが活躍することでしょう😆💕

 

KANKOOKU(カンコック)では大流行中のK-POPや今話題の韓国ファッション、実践できる韓国語のフレーズ紹介などをはじめ、韓国好きな皆さんが、今以上に韓国のことを知ってもらうために、好きになってもらうために様々な情報を発信中です📣是非また見にきてくださいね😊