今、江陵がアツい❗️にぎわう話題のホットスポット(SNS映え間違いなし❗️)

2018年3月21日ライフスタイル, 全て

2018年の今年、冬季オリンピックが開催される、韓国江原道に位置する平昌(ピョンチャン)。韓国国内でも、オリンピックが近づくにつれ、注目が集まっています❗
そんな平昌から最も近い都市、江陵(カンヌン)も、オリンピック開催期間中には多くの人が訪れると見込まれていて、テレビではおすすめ観光案内や旅番組がよく放送されています。まだオリンピック開催前にもかかわらず、週末にはソウルやプサンからも観光客がやって来ます😊

インスタグラマー必見!江陵の今話題のSNS映えスポットとは👉

 

今まさにホットな都市、江陵の話題のスポットをご紹介📢

やっぱり海!「鏡浦臺(ギョンポデ)」の美しい景色と新鮮な魚🐟

 「夏の海水浴は江陵で」と言われるほど、江陵は海がとてもきれいな都市です。海を見るために、ソウルから約3時間かけてドライブして来る人も多いほどです。そしてなにより、獲れたての新鮮な魚は、江陵が誇る特産物でもあります。 特に、イカやメンタイが有名です🌊
鏡浦臺(ギョンポデ)と呼ばれる海水浴場には、たくさんの宿泊施設や食事場所が集まっています。新鮮なカニや白身魚のお刺身が食べられるとあって、いつもたくさんの人でにぎわっています。江陵では見逃せない話題のスポットです👀

江陵の”学びのスポット”「烏竹軒(オジュクホン)✒」


今年、イヨンエが演じる「サイムダン」というドラマが韓国で放映され、話題となりました。サイムダン(申師任堂)は、朝鮮時代中期に活躍した女性芸術家です。また、子はイユルゴッという韓国を代表する有名な学者です。サイムダンは、韓国では理想の母と呼ばれるほど、尊敬されている歴史人物です🧐

このサイムダンとイユルゴッが暮らした家が烏竹軒(オジュクホン)と呼ばれ、現在も残されています。サイムダンとイユルゴッは、それぞれ韓国の紙幣、5万ウォン札と5千ウォン札の肖像画の人物ですので、江陵に行った際は、ぜひ立ち寄りたい場所です🏘

おしゃれさん必見❗江陵安木(アンモッ)海辺カフェ通り☕


韓国は日本と同様、コーヒーが大人気です。カフェのイートインはもちろん、テイクアウトしたコーヒーを片手に街を歩くのが韓国流です☕
そんな全国のコーヒー好きが集まるのが、江陵の「安木(アンモッ)海辺カフェ通り」。一軒、二軒とコーヒーショップが増えていき、今では通りの名前がつくほど、たくさんのカフェが立ち並んでいます。どのカフェもとてもおしゃれで、テラス席があったり、2階の窓際の席からは美しい海が見渡せたりします。また、コーヒーの豆や香りにもかなりこだわっているお店が多く、本格的なコーヒーが楽しめます🎵

安木海辺カフェ通りは、カップルや家族、友達同士のグループに大人気のスポットです。特に、夕方の海を見ながら飲むコーヒーは格別です😍(SNS映えも間違いなし❗)

いかがでしたでしょうか❓

ソウルから日帰りもできる江陵は、韓国の地方都市の中でも、ぜひ訪れたい場所です。大都会のソウルから少し足を延ばして、韓国の自然豊かな雰囲気を満喫するのもおすすめです🔔

 

KANKOOKU(カンコック)では大流行中のK-POPや今話題の韓国ファッション、実践できる韓国語のフレーズ紹介などをはじめ、韓国好きな皆さんが、今以上に韓国のことを知ってもらうために、好きになってもらうために様々な情報を発信中です📣是非また見にきてくださいね😊